« OLD@2月1日下北CLUB251 | トップページ | sleepy.abの4thAL「fantasia」 »

2007年2月10日 (土)

月影トライアングル

trico,SCARLET,vostoks(blondie plastic wagon SHINOHARA solo-project)
の3バンドが出るライブを見に行った。眠かったけど頑張って行った。

tricoを観るのは2回目だ。
セットリストは
mama,usedダンボール,flash!!color,corner,他は新曲

corner聴けて嬉しす。
新曲は、千葉LOOKでもやった「いよいよ神にひざまずく時~」とかいうの。名曲。
今、レコーディングしていて次のCDに入るらしい。
今度DOING.TVでライブが放送されるらしい。
いやー、やっぱりtrico良い。ワンマン見たい。

(以下4行、身内ネタなので毎日見てくれている一人を除き読み飛ばして下さい。)
ベースの人が石井さんに似てるんだよなぁ
KAOのサポートギターの人とか、dizzy sweet HAのギターの人も
似てるけど一番似てるわ。
首をサッと振るしぐさもやったし。

SCARLETはまあ好きぐらいなんですが。
うーん普通だった。starfruitsは嬉しかった。
ベースのタバサさん少し苦手なんだよなぁ。
ライブだと声が出てなかったり安定してなくてガッカリする。
今後、デモCDを定期的に安く発売していくらしい。
ボーカルの人いわく、雑誌感覚。
音は悪いけど2曲300円?とか。

トリがvostoks(blondie plastic wagon SHINOHARA solo-project)
blondie plastic wagon は好きだけど解散してしまって
ライブを見れずじまいだったんで期待していた。
最初の曲は篠原さんが一人でポロンポロンと弾き語り。
頭の中に草原が思い浮かぶようなゆったりした曲。
後ろのスクリーンには、青い空に雲の写真とか
綺麗な風景がスライドショーみたく映し出されて
とても曲に合っていた。
次からはベース、ドラム、ギターが加わり
ブロンディっぽい曲が続いた。良い曲もあったけど
似た曲が多い為か、中だるみを感じた。
ずっと後ろのスクリーンで映像を流していて、
曲の間に篠原さんの語りも混じる。
「彼女は試験管の中で育てられた~」とか。
ライブが一つの物語になるように構成されていた。
1曲目みたいな曲が続くと嬉しかったので
少し期待外れな所もあったけど、格好良かった。

そういえばSCARLETの時、子供が居たなぁ。
母親に抱っこされながら見てて、
母親の髪の毛を優しくつかむ、小さな手を見たら
キュンとした。
子供の手ってかわいいですよね。

ライブ行く道中にもかわいい子供見たです。
車の後ろのぬいぐるみとか置く場所あるじゃないですか、
あこに寝っ転がって、空を見てた。
星でも見えたのかな。
Koko_1

« OLD@2月1日下北CLUB251 | トップページ | sleepy.abの4thAL「fantasia」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。